参加シンガー

GASHIMA from WHITE JAM

少年時代にアメリカに渡り、 ロサンゼルス、ニューヨークで多感な時期を過ごす。若干13歳でMCとしてマイクを握り、マンハッタンのクラブを中心に活動を開始。アメリカでの活動中、ブラック・ミュージックを代表する老舗レーベル、かのマディー・ウォーターズやチャック・ベリーなども在籍した名門中の名門として知られる Chess Records にその才能を見出され契約。MCとしての活動を本格化させる。

帰国後は、Chess からの逆輸入アーティストとして、ユニバーサル・ミュージックよりファースト・アルバム「なんでもありさ」を発表。同アルバムでは上田正樹の名曲「悲しい色やね」のアンサー・ソングを見事ラップで歌い上げ、地上波・衛星波ともにPVがヘビーローテーションを獲得。GYAOではミュージック・ランキング5位に食い込むなどの実績を残す。またKICK THE CAN CREWやKREVAへの楽曲提供でも知られるDJ TATSUTAプロデュースのコンピレーションアルバム、「BAY SIDE」にも楽曲「Color of the Moon」で参加。ラッパ我リヤのMr. Q、GAKU-MC等猪超豪華メンツとの共演が実現。DJ KOHNO(ケツメイシ)主催の横浜を代表するイベント、「JOYRIDE」の全国出張ツアーにも同行。現在はボーカル/ラップ•グループのWHITE JAMのラッパーとして都内のクラブを中心に精力的に活動中。

http://www.whitejam.net/

関連リリース