特集

SINGERS GUILDって何?

『キッチン・ミュージック』プロジェクト から好評配信中の「おべんとクン feat. 高宮マキ」。今回はUstreamでの料理「うちエコごはん」や、お弁当や受験生向けメニューのレシピ本の著作などで活躍中の料理研究家・ 安井レイコ さんに、お弁当についてのエッセイを特別寄稿していただきました!!



■ お弁当と「おべんとクン」
料理研究家 安井レイコ


 初めて誰かのために作ったお弁当は、おかかの「おむすび」だったかな。なかなか三角に握ることができなくて、毎日毎日10個、20個と握っては、お目当ての人がいるクラブの部室にそっと置いたものでした。しばらくしてもう一度行くと、おむすびの入っていた箱はからっぽに。それが嬉しくて、中の具を何種類も考えてたくさん作って毎日届けて…なんだか甘酸っぱいティーンエイジの思い出です。
 その次に作ったのは、確か「おいなりさん」。五目いなりの作り方が分からなくて、祖母に電話で聞いたお弁当。渋滞で混んだ湘南の海岸道路、車の中で食べたっけ。
 子どもが幼稚園に入った時には、手のひらよりも小さいお弁当を全部残さず食べられるかと、そぉっと廊下から覗いていたものでした。

 「ビビデバビデブーって 魔法をかけて」と不思議な歌詞で始まるこの歌は、カラフルで楽しいお弁当の映像と一緒に、お弁当を作る時のあのわくわくやドキドキの気持ちが歌われています。ハンバーグの次の日のミートボール、から揚げやタコさんウィンナー、卵焼き…誰もが一度は食べたことがあり、作ってみたことのある具材のオンパレード。それを聞けば、きっと、子どもの頃の運動会や遠足や家族の人とのハイキングを思い出すことでしょう。
そして、お弁当を作りながらみんなが心の中で叫ぶ言葉は、「からっぽになぁ~れ!からっぽになぁ~れ!おべんとクン」!高宮マキさんののびやかな声は、フタを開けた瞬間にお弁当箱から飛び出しそう。ふと見れば、背景に流れるお弁当の映像も、「どうだ、見て!」「おいしそうでしょ?」というものから、「こんなの作っちゃった、うふふ」というものまで。でもどの写真のお弁当箱もみんな、「からっぽになぁ~れ!」と叫んでいます。




 よくよく考えれば、お弁当ほど相手のことを思いながら作る料理はないのではないかと思います。相手の好みに添うように数種類のおかずを考え、相手の食べられるだけの分量を推し量り、見た目が美しくなるように、栄養が整っているように…材料を揃えておいしく作る。しかもそれが、学校や会社に行くまでの早朝ならば、たくさんたくさんの愛情無しに、どうやってあのお弁当箱の空間を埋めることができるでしょう。
 自分用に作るお弁当だって、自分への愛情があるから作れるもの。自分のことが分かっているから、自分を喜ばせることができるのですもの。

キッチンミュージックの歌の数々も、自分を喜ばせ、相手に溢れるほどの愛情を送るように歌われています…私には、そう聞こえます。そして何より、おいしいものを大切にしている気持ちが、感じられるのです。そう、そこが私は大好きで、背景に使われている色とりどりのお弁当やカレーや(「おいしいカレーたべよう」)パンや(「パンってエライ!」)餃子(「キミは餃子」)の写真を繰り返し眺めながら、明るいギターの音色と高宮さんの明るい声に、うっとりしてしまうのです。
これからもおいしくて楽しくて、誰かへの愛にあふれた歌と映像、とってもとっても楽しみにしております。食べて歌って恋をして…あら、どこか違ったかしら? でも、こういう人生ができたらとっても素敵ですね。「おべんとクン」の歌詞ではないけれど、「毎日毎日、ありがとう」。


*** お知らせ ***
12/10(土)11:30~ レンタルスペースSF(東京・三軒茶屋)にて、「キッチン・ミュージック」をフィーチャーしたイベント「ごはんと、音楽と、ヒーリングで、こころとからだをぴかぴかに。」 が開催されます。『ごはんが楽しくなる キッチン・ミュージック』と題して、高宮マキ(Vo.)、石成正人(Gt)、プロデューサーの伊藤涼によるミニライブとトークショーでプログラムに参加します。また、気軽なベジタリアン料理「ゆるベジ」スタイルのお弁当なども楽しめます。40名様限定ですので、参加ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。

「ごはんと、音楽と、ヒーリングで、こころとからだをぴかぴかに。」
produced by 月ペン
協力:はだしカンパニー

12/10(土) 開場11:20 開演11:40 終演15:40
会場 : レンタルスペースSF(東京・三軒茶屋)
40 名様限定 料金:4,800 円 (美味しいゆるベジ弁当と飲み物付き)/税込み

お申込み/お問合せ: tsukipen@gmail.com (担当:澤井)
※ご予約の方は、人数、代表者のお名前、お電話番号をご記入下さい。 (中学生未満のお子様は入場無料ですが、お子様の年齢と人数、お弁当が必要かそうでないかもご記入ください。)



フライヤーダウンロード(PDF : 2.03 MB)

アーカイヴ