2月配信のStay With Me で、驚異的な歌唱力を披露してくれたHOENが、中島美嘉、JUJUといった国内シンガーのみならず、最近では海外にも作品を提供するトップライター ヒロイズムと夢のコラボ。トラックは今、ドイツで一番ホットな若手の一人であるAlbi Albertsson。ワールドクラスの楽曲に、「別れ」をテーマにした切ない歌詞が胸を打つ。まさにSINGERS GUILDらしい自信作!

HOEN

SG1103-001
Written by ヒロイズム
Composed by ヒロイズム, Albi Albertsson
Track produced by Albi Albertsson
(C) 2011 SINGERS GUILD Inc./Edition Knick Knack
/Chrysalis Music Publishing.
(P) 2011 SINGERS GUILD Inc./Albert Gottschewski

ダウンロード

ギルドの看板シンガー SHIROSE from WHITE JAM が話題のミクスチャラップユニット、ワードストアとコラボ。トラック制作は90年代から活躍するUKのベテランで、倖田來未の「Lollipop」の作者でもあるIan CurnowとDave Fordの最強コンビ。日本語を大切にしながら、新しい可能性を切り開く彼らならでのリリックが冴え渡る。誰にも文句は「ゆわせない」ポップスの最新進化系!

SHIROSE from WHITE JAM, ワードストア

SG1103-002
WWritten by SHIROSE from WHITE JAM,
矢島のあ, KAKU
Composed by Ian Curnow, Dave Ford, SHIROSE from WHITE JAM
Track produced by Ian Curnow, Dave Ford
for DWB MUSIC LTD/EE MUSIC LTD
(C) 2011 SINGERS GUILD Inc./Edition Knick Knack
/Chrysalis Music Publishing.
(P) 2011 SINGERS GUILD Inc./Albert Gottschewski

ダウンロード

毎月、透明感あふれる素晴らしい歌声を披露してくれている SHIROSE from WHITE JAMが、別れ、そして新たな出会いの季節でもある3月に相応しい胸を締め付けるバラードを届けてくれた。シンプルな歌詞の中に折り重なるように紡ぎだされた様々な感情とメッセージ。そして胸に迫る優しく切ないメロディー。聴く人それぞれに違った心象風景がよみがえる、まさに短編小説のような魅力に溢れた作品だ。

SHIROSE from WHITE JAM

SG1103-003
Written by SHIROSE from WHITE JAM
Composed by Angus Costanza, SHIROSE from WHITE JAM
Track produced by Angus Costanza
(C) 2011 SINGERS GUILD Inc./The Kennel AB
(P) 2011 SINGERS GUILD Inc./Angus Costanza

ダウンロード

SINGERS GUILD 初登場のシンガー Hyonn。実は彼、SINGERS GUILDの看板シンガーであるSHIROSE from WHITE JAMの実兄である。透明感あふれるハイトーンが持ち味の弟に対し、ちょいワイルドでセクシーな中音域が魅力の兄。数多くのヒット曲を手がける某作家の覆面ユニット Angus Constanzaが奏でる極上のメロディーで今、ギルド・デビューを果たす。

Hyonn

SG1103-004
Written by HOMEY, SHIROSE from WHITE JAM
Composed by Angus Costanza
Track produced by Angus Costanza
(C) 2011 SINGERS GUILD Inc./The Kennel AB
(P) 2011 SINGERS GUILD Inc./Angus Costanza

ダウンロード

シンプル・イズ・ベストという言葉がぴったりな“うた”。高宮マキのハートに語りかける歌声と石成正人の温かく鳴るアコギだけが優しくそこに居る。愛する人のためにごはんを作りたい。そしてそれを食べる姿をみていたい。今日あったことを話しながら安心に包まれる。当たり前な日常だが、その大切さを実感する。「買い物袋とダンスしながら」…その歌詞が紡ぎ出す風景は絶対にシアワセ。今夜は早く帰って“うちごはん”しよう。

高宮マキ

SG1103-005
Written by Ryo Ito
Composed by Ryo Ito
Track produced by 石成正人
(C) 2011 SINGERS GUILD Inc.
(P) 2011 SINGERS GUILD Inc./Magonodaimade Productions, Inc.

ダウンロード
1 / 11